日記96

9/15
東京へ行く。
そそくさと準備をして、家族がまだ眠っている時間に出発した。
新幹線で隣になったおじさんが、ずっとこちらの席に肘を突き出して寝ていたので、その肘を慈しむようにピッタリとくっついて2時間過ごした。困難には愛で仕返しをするのだ。

品川を経由して新宿へ行き、まずは「ベルク」に入った。初めて来たベルクは、雑多で、空調にたばこの匂いがこびりついていて、客はめいめい好き勝手に過ごしているように見えた。
新宿には、綺麗な商業施設の縫い目からはみ出すように、こういう店が点々と残っている。そこからしか得られないものっていうのも、あるような気がする。

ビールと「卵かけご飯 味の形スペシャル」を注文した。玄米混じりのご飯に生卵2個、コーン、レンズ豆、バター、トマト1切れが載っていて、これに醤油を垂らしたあと、わっしわっしとかき混ぜて食べる。トマトは箸休め役として横に置いておくのがポイント。卵かけご飯が殊更に好きなので、これを食べられる機会を狙っていたのだ。
「高級リゾット風」なんていう謳い文句を訝しんでいたけれど、全てが調和して品の良い仕上がりになっていて、とても美味しかった。「うわあどんどん無くなっていく!」とか言いながら食べた。自分がどんどん食べているからだ。コーンの甘みが特に良い仕事をしている。

醤油が5、6種類並んでいたので、あと5回は来なきゃいけない。

伊勢丹を少し見たあとに上野へ移動。東京都美術館でやっている公募展「純展」を見に行った。
上野公園に入ると屋台が出ていたので、とりあえずビールを買って飲んだ。顔中を銀色に塗って石像風のパントマイムをしている人を横目に見ながら、木陰で。
平日なので、遠足の子どもたちが先生に引率されて何人も歩いて行った。青帽、黄帽、赤白帽。手を繋ぎあって。僕にもかつてそういう時期があったはずなんだけどなあ。

少しぬるくなったビールを飲み干してから、東京都美術館へ入った。例の如く障害者手帳を行使。

公募展のシステムをよく分かっていないのだけれど、会員内外から作品を募って展覧会を定期的に開催しているようだ。さいあくななちゃんが今回これに出展していると知って、絵を見に来た。配られたチラシに作品名と作家名の一覧が書かれていたけど、ななちゃんの箇所だけ何か手違いがあったらしく、全てのチラシにテープで「さいあくななちゃん」と貼りつけてあった。ロックンロール、はみ出していこうぜ…!

落ち着いた人物画や風景画が多く展示されていた。いくつかのフロアを見て回って、最後のフロアに入ると額縁が真っピンクに染め上げられた巨大な絵が目に飛び込んできた。ななちゃんの絵だ。他と比べてあまりにもインパクトが強くて、少し笑ってしまったくらいだ。どこに行ってもななちゃんの絵はななちゃんの絵で、サイコーだなって意味で。

離れたり近づいたりしながらしばらくその絵を見た。何重にも細部が描き込まれているのに、離れて見るとまとまって目に入ってくる。色遣いや構図のおかげなのだろうか。
あまり御託を並べると、絵の良さを傷つけそうだからやめておこう。この絵が今後の展示でも見られたらいいな。

とにかく、空間を埋め尽くすような展示しか見たことがなかったから、絵1枚でも風穴が開いたようにななちゃんの世界がそこに宣言されているのが本当に良かった。

東京都美術館を出て、少し休憩をしてから、科学館でやっている深海展も見に行った。これも手帳で入場。手帳で入れるのはいいけれど、展示は一つ一つゆっくり見て回ることになるので意外とすぐ足が痛くなってくる。調子が悪い右足親指を庇うように歩いた。

飛び込みで入ったのでなんの前情報も無かった。深海生物に生まれ変わるなら何がいいかなと思いながら見て回った。

マリンスノーと呼ばれる上層の生き物の死骸などが深海に降ってきて、小さな生物がそれを食べる。さらに大きな生物がその小さな生き物を食べる。いちばん大きな生き物がやがて死に、小さな生き物たちにその死骸が食べられる。いつまでも海の底で行われる食物連鎖

チョウチンアンコウで知られるように、光でエサになる相手を誘ったり、逆に光る粉のようなものをまき散らして自分は暗闇に逃げ去るという生物がいたり、光が駆け引きの道具になっているのが印象的だった。
あと巨大ダイオウイカや、深海のグロいエビの模型などが多数あって、これを発注された業者はどんな気持ちで作ったんだろう…このひとつひとつの吸盤とか…と思いながら見ていた。

海の中で生きるなら大きな大きなクジラになりたい。悠々と泳いで、最後にはみんなに喰らい尽くして貰おう。

夜になり、上野を離れて「しゃけ小島」で鮭いくら丼を食べて今日を終えた。
深海展のあとに食べる鮭はなかなか味わい深かった。

 

広告を非表示にする

日記95

9/8
仕事。
その後、大森靖子ファンの集団でバーミヤンへ行き、鳥貴族に行…こうとしたけど空いてなかったので、吉鳥に行った。
まーそりゃあ大騒ぎだった。
あつしが大阪駅まで車で送ってくれた。

9/9
昼まで寝た。ベッドの下には、空のポカリスエットのボトルが転がっている。そうだね、二日酔いだね。

シャワーを浴びて、スタジオへ行ってバンド練習。昨日の飲み会にも居た、ギターのいしまつくんと「メガハイボールは飲み過ぎたね…」「そのあとの日本酒もやばかったっすね…」と声を掛けあう。
バンドでやる曲は6曲目だけど、単純な曲ほど仕上げるのが難しいとだんだん分かってきた。

練習後、当日券でライブを見に行こうとしたけど、疲れたのでやっぱり帰った。そもそも当日に飛び入りで行っても、障害者対応をしてくれるか分からないのが歯がゆい。

東京の方ではBAYCAMPっていうフェスをやってたらしい。

9/10
ずっと寝ていた。

彼女から「そちらの地方に住んだら自分のやりたい仕事がない」というLINEがくる。前から幾度となく話題に出ている。やりたい仕事がなくはないけど、こっちの地方は業界自体が遅れているし、パート程度の仕事量になってしまうそうだ。
そうはいっても僕は転勤も無いし、これ以上生活水準を上げる転職も出来そうにないし、ただただ両立しない希望の話を聞くしかない。ずっと堂々巡りの話を言われ続けていると暗澹たる気持ちになるし、率直にあーもうどうにもならないから死にたいっすまじでって気持ちになる。解決策は無い。妥協案しかない。それか全部やめちまうかだ。

東京の方では夏の魔物っていうフェスをやってたらしい。

9/11
仕事。定時までずっと集中してやれたけど、進捗状況が悪い。しかも、定時以降はどう頑張っても集中力がダンゴムシ以下になる。
残念ながら、部署の空気も重い。元気出してやるっきゃないんだけど、僕は僕で暗澹たる気持ちを引きずってるから惨憺たるありさまだ。まったくもー。

早く大森さんに会いたい。大森さんには別にそう思われていないだろうけど、僕は会いたいと思っているので、大森さんが歌手でライブをやる人だからよかったー。

9/12
仕事。
リハビリ。いつもと違う理学療法士の先生がついてくれると、いつもと違うやり方や発見がある。
人見知り傾向があるので、慣れた人にリハビリを診てもらう方が性に合っていると思っていた(自分は人見知りだから〜と言う人はださいと思うが、これはもう事実として。)けど、こういうメリットもあるのか。

9/13
仕事。
同僚と飲み会。

9/14
仕事。健康診断。健康診断の前日に飲み会企画するってどういうこっちゃねん。そもそもの障害以外は、特に引っかかる項目も無さそうだったね。
明日からはしばらく東京方面に滞在。

広告を非表示にする

日記94

8/30
仕事。研修。
業界の将来予測の講演を聞いて「弊社は私の定年退職まで経営維持できるのでしょうか!?」ってちょっと思った。

8/31
仕事。

夕食を食べた途端に胃が痛くてダウン。
しばらく休んだ後、大森さんが出ているハートネットTVを見たら、中高生の時の気持ちに一寸戻ってしまった。

しにたみを公共の電波で分かち合えるなんてもっと早く教えてほしかったしもっと早くやってくれていたら自傷も障害もとち狂ったこれまでの数百の行為も無くて済んだのにと怒りにも似たような気持ちを感じたけど、結局、自分が生まれて死ぬまでの範囲に大森さんの存在が重なってよかったーという結論に至った。

そういう風に、自分の命の範囲に愚かしくも愛してると思える相手がいてよかったなって思う。あと、好きと愛してるって全く同じではないよねと最近時々思う。

9/1
仕事。
部署の引越しでどたばた。立っているだけでどんどん体力が摩耗していく身体なので、引越し業者の人たちはめちゃくちゃすごいなと思いながら見ていた。右足首の腫れが意外と治らない。痛みが長引いている。

週末の夏フェスに行きたいなと何度も思ったけど、足の痛みもあり断念した。

9/2
同僚の結婚式の日。友達が少ないから結婚式になかなか呼ばれないので、ぎこちなく出席。
夕方からの式だったけれど、当日の昼からスーツ類を買い足しに行った。早く買い物に行かなきゃなあと思っていたのにずるずると先延ばしにして、結局当日になった。新しいシャツ、白いネクタイ、白いハンカチーフ、ベスト、袱紗。しかも兄に買い物についてきてもらって、達筆な義姉にご祝儀袋の氏名を書いてもらった。

結婚式は、2人の人柄が表れたような、あたたかくてちょうど良い感じの式だった。上司と一緒にあらゆる酒を飲みまくった。

9/3
ぼやぼやと過ごす。気持ちのいい秋晴れの日だった。
夜は宅録をして過ごした。

大森さんのライブ見に行きたかったなあ。でも、最近は、だらしない自分をどうにか動かして、心の奥のもっと奥にあるどろっとしたものを振り絞って暮らすことが、大森さんの思いに適うことのような気がする。でもライブも行きたい。生活に追われているだけなのかもしれない。毎日穏やかで、嬉しい気持ちも多く日々を過ごしているけれど、時々仮想的に押しつぶされそうになる。そういう時は、こんな命、全部誰かにあげたい、なんて無責任なことを空想する。

9/4
仕事。リハビリ。杖先のゴムがすっかり消耗してしまっていたのを取り替えて貰った。歩きやすくなった!
努力(できてない)も大事だけど、道具も大事だよね。

9/5
仕事。
夕飯が唐揚げだったので、薄めのハイボールをつくって飲み食いした。
11時間くらい寝た。

9/6
仕事。
帰宅後、引越しの手続きを進める。

9/7
仕事。

うちの職場はどちらかというと古い体制だと思う。終身雇用を想定した年功序列待遇で、紙の資料が重宝される。上層部がコソコソと大事な方針を決める。それはどこでもそうかな?とりあえず、もっと色んなものをデータ化してほしいな。

正常な感覚の持ち主なので、定時を過ぎた瞬間にやる気が100分の1以下になる。

広告を非表示にする

日記93

8/22
夕方までだらだらしていた。学生街の安い居酒屋でしばらくぶりの友達と飲む。ジョッキで提供されたワインで酔うなどした。

8/23
夏休み終わり。仕事。
明日はまた休み。

8/24
大阪へ。
ベイビー・ドライバー」という映画を見た。とても面白かった。しかし、この面白さをうまく言い表すのが難しい。他人のブログの受け売りだけど「マッド・マックス 怒りのデスロード」や「キングスマン」が好きな人はスゲーハマると思う!

これ読みゃ結構分かる
ネタバレほぼ無し
http://takeuching.blogspot.jp/2017/06/blog-post.html?m=1

8/25
仕事。

8/26
休み。だらだらする。

8/27
休み。結局だらだらする。

日々の過ごし方に自覚が足りないと、日記が薄っぺらになる。このままじゃだめだよなあと思いながら、父宛のお中元のビールをくすねて飲んでいるんだから、世話ねえなあ。

大森さんのNHK FMの単独番組を聴きながら痛恨の寝落ち。目が覚めたあと、午前1時までyoutubeのホラーゲームの実況動画を見ていた。

もっかい言うけど世話ねえなこれじゃあ。

8/28
さすがにちょっと頑張ろうと思って、朝食をシリアルにして、集中して仕事に取り組んだ。16時半頃、明らかにガス欠が訪れて、定時過ぎにふらふらと退社した。
会社の送別会に出席。契約満期と転職で3人退職。

8/29
シリアル食って仕事がんばる。ベボベの堀之内の決まり文句「野菜食ってロッケンロー!」みたいだなこれ。ラビリンスへのタイミングって曲、突然大声で歌いたくならない?
右足首が不調。湿布を貼って痛み止めを飲んで耐える。全然病院に行けていない。リハビリも。
痛みがあると、この体で仕事させて貰えてるってだけで恵まれているんだなと改めて思い知らされる。

やっぱり16時にガス欠。弁当のサイズが小さすぎるのか、脳みそのサイズが小さすぎるのか、どっちだこれ。残業してもダメで、妥協に妥協を重ねて退社。

病院に行って、お医者さんと理学療法士さんに診て貰って帰宅。こと切れるように就寝。

今日こそはという毎日を
重ねても 重ねても
https://youtu.be/3E_SebLKms0

広告を非表示にする

日記92

8/15
たこ焼きをして、ワンナイト人狼を何回もやった。

8/16
入眠時に毎日タッピング(歯ぎしりの一種で、無意識に歯をカチカチと鳴らしてしまう)してるよと指摘される。対処療法しかないらしく、今後も酷かったらマウスピースを作った方がいいかもしれない。
彼女が仕事に行っている間、特にすることも無かったので家事。掃除洗濯して、焼きそばと、適当に豚肉と卵を炒めたものをつくった。

8/17
西荻窪の「アテスウェイ」でケーキをひとつ食べてから、「米の子」で菜食ランチを摂った。肉不使用とは思えない餃子と唐揚げがすごい。食べ応えがある。
その後、北浦和へ移動して遠藤利克の展示を見た。焼き尽くされて炭になった巨大な木の柱や舟が、その形状や佇まいから「流れ」を想起させる作品群。「流れ」というのは単純に水のイメージであったり、「時間」や「聖なる高み」へ至るものであったり。目に見えるもので、目に見えないものを表現しようとする営みに惹きつけられて鑑賞した。
西荻窪北浦和のどちらにも彼女の出身学校があったので、両方ともいっしょに門前まで見に行った。ゆかりの地巡り。

ロフトプラスワンで「根本宗子の面談室」を見てから帰った。大森靖子の実験室にも行きたいぞと思いながら、大いに飲み食いした。

8/18
早めに目が覚めたので、仕度して、今日は一人で外出。多摩センターへ。
今日公開の「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の映画を見た。アニメだからこそというのもあるだろうけど、想定していたより感覚的でファンタジー寄りな作品だった。ぼくはこのノリも好きだけど。うーん。上映後も「良かった」と「よく分からなかった」の声が周りからちらほら聞こえてきた。広瀬すずの声は抜群に良い。サイコー。

モノレールで高幡不動に移動して、周辺を散策してから、駅ナカのパン屋で食事がてら休憩。ハムエッグ入りフレンチトーストは美味しくて、しらすパンは普通だった。その後は池袋へ移動して、COFFEE VALLEYでラテアートを傍らに置き、三好銀の漫画を読んだ。

夜に出張帰りのオー氏と突発で1時間ほど飲み、そのあと待ち合わせをしていた別の友人と食事。

8/19
立川へ。「レインボウスパイス」というお店に連れて行って貰った。カレー美味い!住んでたら絶対再訪するのに!その後、「一六珈琲」でお喋りしながらカフェオレを飲む。新宿へ移動して、駅ナカルノワールを挟んでから解散。
別の人と「ぱいかじ」で沖縄料理を食べた。二軒目に「スナックしろくま」に寄ってから終電ぎりぎりで帰宅。飲み食いしてばっかりで、おなかのはちきれそうな日だった。

根拠のない自信を持っていよう。根拠のない自信があれば挑戦できるから。お上手にやろうなんて思わずに、過去をぶっ壊していけるから。
そういう話をした。

8/20
ゆっくり過ごしてから、東京から地元へ帰った。

8/21
延々寝る。

「好きな人が好きなものを、自分も好きである必要はない」けど、「好きな人が好きなものを、自分は大嫌いだと、好きな人に伝える」はダメじゃね?などと思うような夜だった。

みんなそれぞれの価値観があって、それぞれ良い魂を絵の具みたいに持っているけれど、自分だけでカンバスに向かえばいいのに、他人のカンバスに筆を振って絵の具を飛ばすようなことをしている。ときがある。ような気がする。

ま、それも関係ないか。関係ないよね。
ぼくはぼくの部屋の絵を描き続ける。コンクリートの朽ちた部屋の絵を。

長い雨の続いた夏休みももうすぐ終わる。

広告を非表示にする

日記91

8/9
仕事。

8/10
仕事。
全然さっぱりと片付かないまま、ぬるっと夏期休暇に入ってしまった。解せぬ。しかし休暇は休暇である。

8/11
休日開始。
着替えをぼてぼてと鞄に詰め込んで、新幹線に乗って東京へ。まずは散髪。その後、池袋の「隠れ房」で食事をした。

8/12
お昼に、新宿中村屋マンナでシーフードカリーを食べた。ずっと前に来たことがあったけど、ビル自体が建て直されたのか、とても綺麗な店になっていた。
そのまま新宿に居て、夜はMotionでヒロネちゃんのワンマンライブ。数年ぶりにヒロネちゃんのライブを見られた。以前よりしなやかに洗練された楽曲と、相変わらずの曲間の喋りが可笑しい。今日のウリは、ライブ中盤以降のドラム、ギター、打ち込み(キーボードパートも打ち込みで、ヒロネちゃんはハンドマイク)というバンド編成だった。スタッフのざわのギターが物凄くハイセンスだ。凄いぞのざわ。何者なんだのざわ。

ノスタルジア」という新曲が良かった
https://soundcloud.com/h_apart/ws0pzymt3rca

歌舞伎町に来ると高頻度で訪れる「嵯峨谷」で、蕎麦を食べてから帰った。

8/13
一日中だらだらしていた。
夕食は肉じゃが。

8/14
外苑前の「キハチ」で彼女の両親と初めて会食した。(この彼女とは以前に別れたと書いた彼女と同一人物だ。でも復縁したことをいちいち日記に「復縁しましたー!」などと書いたりしない。とはいえ注意深く読むとどのタイミングかは分かる)味音痴なりにフレンチのランチコースが好きなのでお店のチョイスが嬉しい。彼女のお父様が「緊張してんだよ〜」と言いながら明るく色々と話してくださってありがたかったし、安心した。

渋谷で向井秀徳展を見てから、最寄駅前の純喫茶でアイスカフェオレを飲み、帰った。向井秀徳展は、初期の希少なライブ映像(2時間)がずっと流れていて、来場者の誰もがキンミヤレモンサワーを飲みながら釘付けになっていた。立ち見だったけど、ぼくも足の疲れを気にしつつ1時間ほど粘って見た。

昨日の肉じゃがは今日春巻きに化けた。料理をして貰ったら皿を洗う。料理に対する意欲は低いけど、音楽でも流しながらのんびり皿を洗うのは好き。

 

広告を非表示にする

日記90

7/30
部屋を片付けたり、溜まっていた雑誌を読んだり、いい感じにオフ。

7/31
仕事。
マールブランシュのケーキを食べた。

8/1
仕事。
相変わらず内臓の調子が悪いみたいで、一日中じんわりと腹痛を感じることが多かった。夜はおじやを食べた。少し熱が出た。

8/2
仕事。ロキソニンを飲む。仕事は外に出ることが多く、足への負担が強かった。疲れた。

8/3
仕事。
午前中ずっとおなかの調子がわるかったけど、夕方以降持ち直してきた気がする。

「卵かけごはんは、ごはんに先に醤油をかけてから卵をかけるとおいしい」ということを教えてもらって以来、食べる際は必ず実践している。味にムラがなくなるような気がして、本当においしくなる。ナイスライフハック!もっと早く知りたかった!

8/4
常温の水道水を飲みながら仕事。おれは水道水を飲むのが好きなんだ。
すっきり体調も回復して週末に入った。もうすぐお盆休みだ。

8/5
友人と駅前で待ち合わせて、かき氷を食べながら好き放題喋りまくった。適当に入った店で注文した黒蜜金時が意外と美味しかった。
夜は家で兄と母と食事。

8/6
月一のスタジオ練習。数年前に1人で宅録して1人で聞いていた曲をバンドで合わせる。感慨深いよね。
スタジオ後はみんなで王将で飲み食いした。王将の餃子は永遠のスタンダード。

8/7
仕事。台風でてんやわんや。

8/8
仕事。夜に出張。

平穏無事に日々が過ぎていると言ってもいい。でもこのままじゃいけないような気もする。感性死んでないか心配。いま少し余裕があるから、目指していきたい。何を?よくわかんないな。

広告を非表示にする