読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記75

5/15
仕事。ワイシャツを3枚買った。はるやまとP.S.FAにある「i-shirt」が良い。口先だけのアイロン不要シャツが跋扈する世の中、このアイシャツシリーズだけは洗濯後にアイロンをしなくても本当に問題無く着られる。真実はここにある!心のオアシス!比類無きサンクチュアリ

5/16
仕事。ギターを弾く。

5/17
仕事。飲酒。

5/18
仕事。疲れ果てて帰宅後すぐに寝た。歩く時に変に圧迫されているようで、右足親指の爪の形がおかしくなっている。病院に行かなきゃ。仕事がごたついていて、なかなかリハビリに行けない。

5/19
仕事。帰宅後すぐに寝てしまい、深夜に起きた。ぽちぽちとLINEをしながら、歌詞とコードを取る。2時過ぎに再度就寝。

5/21
5時に起床。支度をして東京へ向かう。今日は「湯会」の日だ!
7時の新幹線で、知人と隣同士の席を取って一緒に向かった。仕事の話とか恋愛の話をきゃいきゃいと喋っていたらすぐに東京に着いてしまった。道先を上手く案内してくれたり、すぐに次の行き先の確認をしてくれたりして動きやすかった。良い同行者だ。

大型銭湯の大宴会場で鳴り響く音楽。思い思いに踊る人たち。酒と食事。リストバンドでツケ払いをして退出時に清算するシステムだから、これは実質無料だろう!などと暴論を叫びながらビールを飲んだ。「湯会」はとても楽しかった。大森さんがいつも色んな場所に連れて行ってくれる。大森さんが居なかったら今頃どうなっていたか。

湯会の後、新宿モーションでキクイさんの誕生日記念ライブを見た。高野京介と続・1997年や、うみのてメンバーによる演奏など、見たかったバンドの音を浴びた。湯会で騒ぎ過ぎて喉が痛かったから、佐々木が飲み干したドリンクのあとの氷を貰って、幾つも噛み砕いていた。

夜は「ホテル検索サイトに載っていたけど、どう見ても風俗用のレンタルスペースだなこれ」に宿泊した。安価で自分にとって必要な設備が整っていたけど、とにかく周囲の治安が悪い。再訪は無いかもしれない。怖いし。

5/22
今日も東京。待ち合わせをして、銀座の「喫茶you」へ行き、ふわふわのオムライスを食べた。「オムライスは飲み物です」という標語が脳裏に踊るほど、とろとろでふわふわだった。人気店なので開店前に到着しないと行列になるようだ。
その後、渋谷でオリエント工業ラブドールの展示と、高円寺はやとちりギャラリーでの毛並みんの展示に行った。初めて本物の毛並みんに会った。毛並みんは良いなあ。毛並みんは良い。
中野のスタジオに入ってから帰宅した。

5/23
土曜は音楽三昧、日曜は鑑賞三昧の日だった。色んな思い、人、芸術、美しさに触れた。自分の頭も少し深い所に入り込んでしまったらしい。一日中身体が熱かった。疲労もあった。本当は2日間に起こったことをもっと詳細に書き留めておきたいけど、それには強いバイタリティが必要だし、それをすると、さらに深いところに入り込んで行ってしまいそうだった。自分が芸術家ならその作業をするべきなんだろうけど、僕は(ある一面に於いて仮にそうだとしても、実際のところ、)違う。朝は決まった時間に起きて、スーツを着て、デスクに就いて、AをBに書き換えたり、BをCに作り替えたりする作業をする事で、金を貰って、その金によって生活している。そこには美しさや多様性は求められていない。理知と、冷静と、整然とした「仕組み」が求められている。そして、「仕組み」の管理者に近ければ近いほど、多くの金が手に入ることを経験的に知っている。一段深い所から自分を見ると、そうやって暮らしている自分は、狡い日々を送って、嘘で塗り固められているような気がする。嫌な感触だ。しかも、深い場所からの視点とは、俯瞰ではなく、暗がりの中から注がれている。正しさや間違いを超えた場所に在る。危うさを孕んでいる。今日は仕事には行った。行ったよちゃんと。でも1日中苦しくて、突然吐き気がするほど肩が痛くなったから保健室で湿布を貼って貰った。体調が悪いと言い残して、定時過ぎにすぐに帰った。帰宅して一旦眠って、1時間ほどで汗をかきながら跳ね起きた。貪るように飯を喰らい、豚のように寝転んだ。自分の深部をずっと覗き込んでいると、本当に欲しくて永遠に手に入らないものが色褪せた写真のように、もう手遅れで永遠に回復されないものが砕けた硝子細工のように、ぽつりぽつりと、色んな所に落ちていた。そこには誰もいない。墓碑すら無かった。
よく分からない。何もかも。午前1時前にふと眠気がきたので、それに飛び乗って逃げることにした。

5/24
早朝に目が覚めた。少し反芻して考えて「やめよう、こんなことをしていたら死んでしまう」と思った。

生き残るために、謙虚と空白が必要だった。

分かる?あなたならきっと分かると思うけど。つまりこれが、ぼくが「そつない人生を創る」と言った意味だよ。

秩序を再構成する必要がある。ハレをケにきっちり戻す必要がある。傍から見ていてつまらないかもしれないけど、僕は僕の人生を傍から見ているわけにもいかない。
今日も仕事に行く。

広告を非表示にする

日記74

5/8
仕事。

5/9
仕事。

5/10
仕事。

5/11
仕事。

5/12
仕事。

月曜から仕事の愚痴を書き連ねていたけど、記録する必要が無いので消した。
とにかく残業したくない。ワハハ。

毎日クソだ、ミュージック!
https://youtu.be/E56Rcddc3no

5/13
昼から「悟空のきもち」という店で頭のマッサージを受けた。自発的にマッサージに行くのは初めて。「絶頂睡眠」だの「快楽の向こう側」だの謳い文句が仰々しくて、予約困難が続いているので興味を持ち、キャンセルを待ちながら数ヶ月。やっと来店した。
気持ちよかった。良い・悪いを比べられるほどマッサージを受けた経験が無いけど。あと、頭をマッサージされていると、「寝落ちスイッチを押される」あるいは「強制的に夢うつつ状態に落ちる」というような瞬間が2回くらいあった。これが宣伝文句のやつなのか…!?
一瞬、夢を見ていたんだと思う。一瞬の夢の中にベッキーが出てきて、なんだかベッキーの印象がめちゃくちゃ強い。ベッキーの夢を見たマッサージ屋さん。

僕にはありあまーる
https://youtu.be/C6-AN8J385c

最後に、コリの傾向と、自分でも出来るマッサージ方法を、艶かしいお姉さんに耳元で囁かれて施術終了した。なんせ爆睡している客も何人かいるので、自然と小声になる。終始親切な人だった。

自分としては、珍しい体験をした日。

5/14
親戚の結婚式に参列。
20才くらいの時に、近い年齢のはとこがいると知った。とても美人な双子だ。親戚でこんなに可愛らしい人が居ていいの?まじで?と思った覚えがある。それ以来、2人とは緩やかに交流がある。今日は姉の方の結婚式だった。

仏教の結婚式は、愛だの恋だのがたがた言わないところが、かえって爽やかで良かった。念仏を唱えて、指輪交換の代わりに数珠が司式者から授与された。
披露宴でもお姉さんはずーっと美人だった。それを感慨深げに双子の妹(妹はもう結婚している)が美人な顔で見つめていた。

色々なことが懐かしいですね。必ず幸せな未来がありますように。お姉さん、おめでとう。

披露宴が終わり、そのまま京都メトロへ向かう。披露宴会場、新幹線、タクシー、地下のライブハウス、と、転げるようにアンダーグラウンドへ向かっている感じ、悪くない。

到着時点で開場から1時間経っていて、目当ての1つだったMagic, Drums & loveはほとんど演奏を終えていた。1曲しか聴けなかったかと悔しい思いで見ていたら、そもそも時間が押していたようで、結局3曲聴けた。諦めていたのに「もう1曲やるの!?」が2回もあったのでハッピーだった。
前身バンドとでも呼ぶべき「住所不定無職」がすごく好きで、関西で見られることはほとんど無かったからほんとに嬉しい。

「ぼくはきみの、きみだけのビートルズになりたい!」だなんて、なんてロマンチックなんだろう!
https://youtu.be/vbdwYJfvsHQ

全出演者良い感じだったけれど、最後に出てきたHave a Nice Day!がぶっちぎりにSCUMだった!アホみたいに音がデカくて、ロマンチックで、馬鹿で、格好良くて、フロントマンの浅見北斗はイアン・カーティスみたいに見えた。2リットルのペットボトルの水を客に撒いて、悪態をついたら客に帽子を投げつけられて、その客と殴り合っていた。何してんだよ浅見。でも最後の曲「blood on the mosh pit」で客席がイモ洗い状態で跳ねまくっていた光景は本当に刹那的で美しくて、君にも見せたかったな。

あとからTwitterで「ハバナイ」を検索したら、常連っぽい人が、今日はいまいち盛り上がりに欠けたなと言っていた。あれでいまいちなのか。是非ワンマンで見てみたい。

本当に「アンダーグラウンドは東京にしかないんだよ」なのかな。
大森さんが放ったこの言葉は、結構色んな場所に波紋を広げているような気がする。この言葉が「はやとちりだったね」となる時、この国はもうちょっと面白くなってるんだろうなあとか思う。

 

広告を非表示にする

日記73

5/4
夜を徹した読書会からのろのろと帰宅した。嘘。全然徹してない。結構早い時間に酔っぱらって寝た。僕が。
むつこいナポリタンうどんをつくってもらって、うまいうまいと言いながら食べた。電車で遠回りしてゆっくり家に帰り、そのあとはだらだらしていた。

5/5
午後に、東京から来ていた知人と会った。

待ち合わせまで時間があったので、街をふらふらと歩いていたら、別の友人とばったり会った。その友人とは1時間ほど、鴨川で缶チューハイを飲むなどした。

東京の知人とは六曜社の前で落ち合った。六曜社は満席だったので「さらさ麩屋町pausa」へ行った。知人は苺のクリームソーダを飲み、僕はビールを飲んで鶏ハムとコロッケを食べた。

その後「ネコ穴」というディープな居酒屋に行こうとしたが、店が開いていなかった。そもそもディープ過ぎて開店しているかどうか確かめるのも困難な店なのだ。そこらへんをうろつき、結局「どんぐり」でお好み焼きをたらふく食べた。ビールもたらふく飲んだ。

一日中露悪的な話で嗤いながら、飲み食いしていた。これが酒池肉林というやつか!ちがうか。

5/6
十三シアターセブンへ。まこりんこと戸田真琴さんのトークイベントに行った。来月に、大森さんとまこりんが東京でトークイベントをするのだけど、それを見に行くことが出来ないので、ええいならばという感じで今日来ることにした。
まこりんはAV女優だ。だから(というべきか)男性の参加者が殆どだった。大森靖子ファンの女性の知人と2人で来たのだけど、場違いだったかしらという気がして少しびびったので、とりあえずドリンクチケットを缶ビールに換えてグイッと飲み干した。萎縮が異文化を垣間見る期待へ変わっていく。

前半は仕事の話。(まこりんはAVの他にも、ブログや映画コラムの連載をしている)後半は質問やお悩み相談にアンケート形式で答える、という内容だった。

前半に出た「去年のクリスマスイブは廃屋でレイプされていた」という言葉がパワーワード過ぎて思い出し笑いしてしまいそうになる。誰にも伝える相手がいないのでここに書いた。もちろん撮影の話だ。

後半では自分が書いたアンケートも読んで貰えた。お悩み相談の欄に「10年くらい忘れられない恋がある場合、どうしたらいいと思いますか?」と書いたら、まこりんが壇上で凄く考えてくれて「10年も誰かを想うのは凄い事だと思う。それによって傷ついた事も沢山あっただろうけど、それはあなたが誰かを好きで居た証拠だから。だから、私はあなたを尊敬します」という内容を答えてくれた。これが僕の悩みなのか、フィクションとノンフィクションの割合がどの程度なのかはここには書かないけど、胸に沁みて嬉しかった。

お悩み相談のコラム連載では「相手の求めている言葉を探して、ぶっ刺す」ことを意識していると話されていた。「ぶっ刺すって、届けるってことね」と、壇上の聞き手役の方が付け足した。
AVでも、文章でも、作品をつくって、それを受け取るひとがいる、嬉しい気持ちになるひとがいるっていうのは、良いなあって思った。真面目で繊細で美しいひとだという印象が残った。来場特典でサインとかチェキとか握手とか色々あって、間近で見るまこりんは華奢で目が大きくてびっくりした。「M」が収録された「kitixxxgaia」にサインをしてもらった。

この連休の中で、いちばん受け取るものが多かった日だったと思う。メロメロになったからではないぞ。ないぞ…と思いたいぞ。

5/7
特に予定が無かったので、家で、連休明け以降の遊びを検討して、カレンダーにガシガシ入れていった。憂鬱になりそうな休みの最後の日に、次の遊びの予定を入れるなんて素晴らしい戦略だ!とか思っていたけど、観劇・ライブ・旅行・頭のマッサージなど色々盛り込み過ぎて、よく分からなくなってきた。後から適当に間引こうと思う。
午後は宅録をして過ごした。

ゴールデンウィーク。去年は障害の療養中だったし、一昨年は大森さんを見に沖縄に行ってから東京に行った。3年前は鬱状態で部屋に篭ってたかな。人生色々ある。

生きることを継続する。
生きるのは良い。無ではなく有だから。生きるのがつらい人にぶっ刺さる言葉や音や絵を発明したい。

広告を非表示にする

バンド4 夢見る姿

soundcloud.com

 

歌舞伎町は夜行バス
カラスがわたしにご挨拶
君に会いにオレンジの電車

食べ放題の中華屋
古着にはまって早とちり
手を繋いでうちまで帰ろう

鼻歌歌ったり
愛を欲しがったり
箸休めみたいな女と

突き破ってあっさり
砕け散ってがっかり
血が流れて
キラキラしてたの

波の上を走る魚の群れを見た
夏休み 去り行くあなたを
追い掛けた写真
青い部屋の中で
二度と来ない
夜を待ってる

あまいにおいの立ち込める
この場所で次は誰に会おう
さようならを繰り返して
私達大人になれない
私達大人になれない

 
(BPM80)
(4カポ)
C-Am-G-Em
F-G-CM7-Cadd9
C-Am-G-Em
Dm7-G-CM7-C
 
Am-G
CM7-Em
F-G-C(G7)
 
C-G-F
Am-C-G
C-G-F-Fm
Dm7-G-C
Dm7-G-CM7-C
広告を非表示にする

バンド3 失敗作

soundcloud.com

 

金ばっかり使っている
私が死んだら
パパとママは喜んでくれるに
違いないだろう
新学期が始まって
3日後に燃やされた教科書たち
机に詰め込まれて笑う
猫の死体に誘われた
 
hello boy
hello girl
hello how
アイス食べに行こう
 
医者に薬が貰えない
刃物を持つ勇気も無い
名前が無い 私は病気じゃない
貪るように飯を食らい
豚のように寝ころんだ
名前が無い私は病気じゃない
失敗作 ただの失敗作
 
タオルをドアノブにかけては
ごっこ遊びを楽しんだ
私が死んだらママとパパは
新しい子供を作るんだ 違いない
逃げ場の無い光の中で
餌を貰えぬ魚たち
汚物を見るような目つきで
優しく言い放つ
 
hello boy
hello girl
hello how
何してるんだよ
 
医者に薬が貰えない
刃物を持つ勇気も無い
名前が無い 私は病気じゃない
焼けつく程に酒を飲み
喉が裂ける程に嘔吐した
名前が無い 私は病気じゃない
失敗作 ただの失敗作
 
焼却炉に放り込まれたエミリー
汚れたまま抱き合った天国で
死体は風に流されていくのさ
笑って
 
(BPM120)
(5カポ)
Em-G6-Em-Aadd9
CM7-G6-Aadd9-Dadd9
 
Badd9-Aadd9-Em
あとは組み合わせで。
*1,2フレットを常に開放弦で弾く
Dadd9 xx0200
Badd9 x04400
 
 
広告を非表示にする

バンド2 今日の気分

soundcloud.com

 

今日の気分

今日の気分は
ブラウン管の明かり
照らされて 照らされていく夜

空中で回って落ちたその光は
ふたつに割れて

さよなら さよなら さよなら
二度と会いたくないから

(BPM60 shuffle)
C-D-G
C-Am7-D-G

広告を非表示にする

バンド1

バンドメンバー へ

やあやあ。何の因果か知らないけれど僕が作った曲を演奏するという状況に巻き込まれてくれてありがとう。下記の要領でやっていこうと思うのでよろしく。

バンド名】
四足(yotsuashi)という名前にするよ。
今持っている自分のアイデンティティとして、病気で杖を2本使っていることは外せないし「犬」って名前でTwitterもやってるから。あと、横浜の「左右」とか、札幌の「喃語」みたいでカッコイイかなと思って。 

【活動内容】
6曲作ったので、バンドアレンジを固める。
レコーディングする。終わったら解散

【活動スタンス】
勿論アマチュアだよ。月1スタジオ入るかどうかって感じ。平日には練習しないで、スタジオ前に「あ、そういえば…」って楽器触るくらいの力の抜け具合でいたい。

【手本】
僕らみんなART-SCHOOLが好きだから、その辺りを手本にしていきたいところ。ただ、僕がアコギなので(足悪いからジャストタイミングでエフェクター踏めない)必然的に似なさそう。声質もハードじゃないし。ピクシーズの「Where is my mind」って曲が昔からめちゃ好きなんだけど、それは一つの指標になるかもしれない。あと大森靖子は神。


ART-SCHOOL - SWAN SONG


The Pixies - Where is my mind


大森靖子&THEピンクトカレフ「 最終公演 」MusicClip

そんな感じで。遊ぼう。
別記事で歌詞とコード載せるね。

広告を非表示にする