読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記39

11/10
慌ただしく仕事をこなして午後に一旦帰宅。
その後に、大阪へ大森さんのライブを見に行く予定だったけど、著しい体調不良のために諦めた。ベッドに直行。
全部自分が悪いのに、酷くつらく、惨めだった。
ツアーの行き先を、ひとつひとつ行けないかどうか検討して、そのうちの多くは色々な理由で諦めて、今に至る。結局、バンドセットの大森さんは、東京で見るのが最初で最後だ。弾き語りの公演は3つとも見たけど。
眠る。

11/11
仕事。
引っ越したい気持ちがあるけど、諸々の状況がそれを可能にしないので、まずは引っ越せるくらい身軽になることにした。不要なものを部屋の真ん中に集める。そしてマッチに火をつけて全部燃やした…ら楽なんだけど、そうもいかないので、少しずつ捨てたり売り払ったりしていこう。

11/12
楽器の買取依頼をイシバシ楽器に連絡。明日来てくれることになった。
午後は、友達がヒマだと言うので滋賀で茶をしばいてきた。
「マドカフェ」はその名の通り、でかい窓から琵琶湖が一望できる。
7年の付き合いがある相手なので、お互い老けたねフヘヘというような話をした。
気持ちや考えを整理できる話し相手がいるのは、とても貴重なことだし、ありがたいなって思う。

帰宅後も捨てるもの残すものをひたすら選別して、掃除掃除。
埃を吸いすぎて死にそう。

11/13
引き続き掃除に励む日。見ろ!これこそが断捨離だ!という勢いで。
それにしても、場を維持するための掃除より、ものを捨てるというのは高揚感がある気がする。マジで。パネェよ。これまで、この高揚感を人間関係をぶった切る事に見出していたような気もする。よくなかった。

午後に、楽器屋さんが来て、手早く物品を回収してくれた。ギター3本、ベース1本、電子ドラム、アンプ2台、エフェクター9つ、MTR1台。歴史と思い出が詰まった機材にバイバイだぜ。12年あっても、大してものにはならなかったけど、色んな楽しい思いをくれたよね。

MTRを手にいれた経緯を覚えている。東京に住んでいる時に、当時の彼女が、週末に予定が無いと不機嫌になるタイプで、「渋谷に行って機材を買いたいから」という理由を無理やりつくって出かけた。そこで懐を相当痛めながら買ったやつだ。その思い出ともオサラバだ。

だいぶ片付いてきたので、自分に今必要なものも分かってきた。結果、通販でカーディガンを2枚購入。

11/14
仕事。
掃除疲れで11時間寝た。相変わらず体力が無い。

11/15
仕事。
ちょっとピリピリしていたから、その分仕事が捗った。そういう日もある。

市バスの中にも、神社の前にも、マンションの玄関にも落ち葉がたくさん散らばっている。冬が始まる。冬は好きだ。静かで。

広告を非表示にする