日記50

1/9
成人の日なので成人式の思い出を書く。禅問答のようだけど、「思い出話が無い」という思い出話。

大学生のときに、1月から3月までの短期アルバイトをしていた。それが1月の4日頃から始まるので、成人の日は帰省せずに過ごした。つまり成人式には出ていない。
実際のハタチのその日には、東京で当時付き合っていた彼女と買い物をしていた。冷たい風が吹く駅前を二人で歩いていると、スーツを着た同い年らしき集団とすれ違った。
この時に「あれ、おれ一生で一度の機会を逃したんじゃね?」と思ったのが強く印象に残っている。

毎年、その駅前での瞬間をほんの少しだけ思い出してしまう。それがぼくの成人の日だ。まぁ、会いたくない同級生が多かったから、後悔は無いのだけど。もしあの日に成人式に行っていたら、どうなったかな?という気持ちはちょっとある。

午後に一人で「ローグ・ワン」を観に行った。誰かに会う予定など無く自発的に出かけたのは久しぶりだった。
子供の頃からビデオで何度も見ていたから、スターウォーズが好きだ。昨年の入院中も外出許可を得て「スターウォーズ エピソード7」を見に行った。その時は最前列の車椅子スペースで見たので首がモゲそうだった。

スターウォーズは神話的な構造を纏う物語だが、今回の「ローグ・ワン」はスピンオフ作品ということもあり、趣は大きく異なる。とにかく血なまぐさいというか、兵士が戦い死んでいく様が正史のシリーズよりリアルで、壮絶だった。仲間が次々に戦死していく極限状態で「エピソード4」のオープニング10分前に繋げる構成は凄まじかった。
SF映画とはいえ神話ではなく戦争映画のように感じたから、手放しに「面白かった」「すごい」「感動した」とは言えないのだけれど、映画館で観る価値のある、壮絶で凄みのある力作だった。

サブウェイを食べて少し歩いてから帰宅。
遊びに来ていた甥とUNOをしたら、ルールが全然思い出せなかった。

よく眠れた。

1/10
仕事。その後サブウェイを食べてから通院。なんでサブウェイに二日連続で行ったんだ?

ポケモンをやり進める。

1/11
仕事。トラブル多め。
晩御飯はおでん。

1/12
仕事。昨日のトラブルをひとつひとつ潰していく。尻が痛い。足が弱い分、尻に負担がいく。

1/13
仕事。

貴方は誰かに何かを与えられる人ですか?形あるものや社会的に価値のあるものじゃなくてもいいんですよ?などと自問自答していた。
寝る。

広告を非表示にする