日記57

2/16
仕事。残業。
日々できるだけ早く帰って、どうしても無理な時にガッツリ残業する。今日はそのガッツリの日だった。中学高校の頃の夏休みの宿題は間に合わず、結局提出すらしていなかったのを思い出す。社会人になると提出しないイコール死だ。
三つ子の魂百までとは言うけれど、それでも自分で自分の尻を叩いてやるしかない。

2/17
仕事。残業。
一つの山場をどうにか乗り越えた。ミスが無ければ…。
家までの最終バスが無くタクシーで帰宅。残業のし過ぎで残業代が消えた。こうやって経済が回り、豊かな社会が作られるのだろう。コンチクショー。

2/18
いそいそと歯医者へ。虫歯を治した。
先日、検診をした時に見つかった虫歯はあまり悪化しておらず、簡単な治療で済んだ。
26才くらいまで虫歯と無縁だったのに、ここ数年で2つ目の治療。なぜ虫歯ができるようになってしまったんだろう。それにしても虫歯の治療痕とは個性が出るものなんだな。僕が身元不明の死体になったら、左下奥歯、右上奥歯の治療痕が照会されるのだろう。などと思いながら口を開いていた。

夜に、大学の時にバンドをやっていたメンバーと飲んだ。このメンツで酒飲んでカラオケに行くのも楽しいんだけど、このメンツだからこそまた歌を作ったり出来ないかなって思う。なんせとても心地よいスリーピースなんだよ。あとの二人も同じ気持ちならいいんだけど。

まぁでも、今の自分はそれよりも生きることに必死かもしれないな。まずは健康か。

2/19
趣味のための下見、打ち合わせなどをしたあと、六曜社でミルクコーヒーとチーズトーストを摂取。分厚くてとても美味しいチーズトーストだった。空調がヤニくさいけど、長居したくなる居心地の良さ。

「映画の主人公になったみたいに感じる」場所や音楽が好きだ。たとえば、その曲がイヤホンから流れてきただけで、電車の窓の外に流れる景色が映画のように感じられる歌、とか。六曜社はそういう場所だった。ヤニくささと一緒に人間のカケラが染みついている。

そのあと、「チャブヤ」で兄とはとこと飲んだ。はとことは10年ぶりの再会。去年、偶然、系列の職場で働いていることが分かって今回会うことになった。兄は子が2人、はとこももうすぐ嫁が2人目を出産するという。10年ってスゲェ。ってか出産ってスゲェ。

厳しい時も味方してくれるので家族はありがたい。家族を大事にしたい。

2/20
仕事。残業。

2/21
朝、布団の中で頭がだんだん覚醒していく中、あっ疲労で身体が動かない、と思った。そこを無理して仕事に行っていて、体も心もおかしくなった過去を省みて、そして今日〆切の業務が無いか思い巡らせた後、体調不良で休暇を取る連絡をした。
布団の中で丸まって寝た。目が覚めて、バイオハザードのゲームプレイ動画を少し見て、また寝た。ゾンビは生活が気楽そうでいい。不潔なのは嫌だけど。

16時前に目が覚めると、大森さん(今さら言う間でもないけど歌手の大森靖子のことだ)のTwitterと公式LINEから「1時間後から心斎橋でカラオケやるよ、誰でも来ていいよ」という通知が来ていた。

は!?

跳ね起きて、シャワーを浴びて服を着替えて家を出る。グズグズ寝込む前にシャワーくらい浴びておけばよかった!タクシー、JR、JR、地下鉄と乗り継いでどうにか到着。100人の客がその場にいる中、大森さんが大阪の芸人とゴイステの「銀河鉄道の夜」を歌っていた。なにこれ!なにこれ!家で心身ともに磨耗していた状態から、突然、目の前に大森さんが存在する状態に移行したので理解が追い付かない。なんせ大森靖子のファンなので、それはそれは嬉しかった。

ギッチギチのカラオケルームで1時間過ごして、少し知り合いと話して「22時からのドラマに大森さんが出るから」という理由ですぐに解散。
また1時間半ほどかけて帰宅して、ドラマを見た。さっき大阪のカラオケで歌っていた人が全国放送のドラマに出演していて、不思議な気がした。どの媒体の大森さんも好きだよ生が1番だけど。

さらに深夜に出演されたラジオも聞いて、満たされた気持ちで就寝。
頑張っていたら、ちょっと頑張れなくなったとしても、こういう嬉しい日があるんだよという記録。

2/22
仕事。
残業はそこそこにして帰宅。
この日はよく眠れた。

2/23
仕事。
一昨日から毎日大森さんのことをいつもより深々と考えて過ごしているので満たされている気持ちがあって嬉しい。今日公開された「ドグマ・マグマ」のMVも見て!

https://youtu.be/IOqYBwBmX-0

広告を非表示にする