日記61

3/11
姪の誕生日を祝った。

3/12
午後から、仕事の積み残しをやりに職場へ。
普段鍵がかかっていない入口に鍵がかかっていて、1度門衛所に引き返す事になった。iPhoneで小さな音で音楽をかけながら作業にとりかかるも数時間で飽きてしまい、仕事は片付かなかった。片付ききらなかったけど、やる気を失ってしまったので夕方頃に職場を出た。鴨川で酒でも飲んでやろうかと思って向かったが、春めいて暖かくなってきたせいか人が多く、あまりやさぐれたことをするのもはばかられたので帰宅した。帰宅して発泡酒を飲んだ。体重が増える。
疲れた。なぜ働いているんだろうか。何のために生きているんだろうか。心が病気になるためか。自殺未遂で身体に障害を負うためなのか。何かを成し遂げたい気持ちはぼんやり持ち続けているのに、結果を振り返ればこれだ。穏やかな日々を送っているはずなのに、マーブル模様のようにそこには空虚が溶け込んでいる。

などと思っていたら寝落ちしていた。
よく眠れた。なんでやねん。

シャワーを浴びる。シャワーを浴びながら考えていたけど、希望を持てる選択肢を選んでいくしかないんだろう。一歩ずつ進まなければ結局どこにも行けない。たとえ回り道をしても。

心底悲しい気持ちになると頭の中で囁き声がする。比喩ではなく。その声はいつも「命はここにはありません」と、脳内のもう一人の自分に耳打ちしてくる。命はここにはありません。あなたは生きてすらいません。という状態では居たくないので、がんばって生きる。
神ならいる。そこら中に。死んでたまるか。

https://youtu.be/IOqYBwBmX-0

広告を非表示にする