読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記62

3/13
仕事、銀行、病院、帰宅。昨日片付かなかった仕事はどうにかなった。自分の持っている能力を殆ど「帳尻合わせ」に使っているのはどうにかならないのかよと思うけど、生来の気質と諦めるべきなのか。
帰宅後はうだうだと布団の中で過ごした。

3/14
仕事。
タワーレコードへ行って大森靖子「kitixxxgaia」を購入。
帰宅して聴いて泣いた。

3/15
仕事。

雨。

リハビリに行こうとした直前に、仕事用にちょっとした文具を買いに行かないといけなかったことを思い出す。近場の100均に行っても無く、家の近くの総合スーパーに行っても無く、雨が強くなってきたので諦めて帰った。
そんな経緯で時間も無駄にして、頭の中に立てていた目標が1つも達成されずに一日が終わった。

音楽だけが圧倒的な熱量で生きる方へ、生きる方へと突き動かしている。
音楽だけが。

3/16
起きれなかった。
ぎりぎり始業に間に合う時間を、5分過ぎ、10分過ぎ、30分過ぎて、午前休を取ることを上司にメールして倒れるように寝た。
午前の浅い睡眠の中、いやな夢を見て、いやな汗をかき、目覚める。午後出勤の時間が迫ってくる。時計をじっと見たまま、動けないまま、じりじりと時間が過ぎていく。
結局、午後も休みますと上司に伝えて、また布団の中に沈んだ。

休んでも(ギリ)どうにかなると、頭の中で算段をつけているとはいえ、嫌な感触が残る休み方をしてしまった。
そもそも、ただ動けなかっただけなので「休息」という感じでもない。

肌にべったりと孤独がまとわりついていた。何千匹もの孤独が汚い羽根を震わせながら、身体中を這いずりまわっていた。

飲みすぎて、食べすぎた。
夜中に目が覚める。

深夜に姉とLINEして「頑張らない」「先のことを考えない」方が気が楽だろうということを確認した。
真理ではなく、現状の対処としての言葉だ。きっといま自分の中のどこかのネジが締まりすぎていて、それをゆるめるための合言葉としての「がんばらない」が必要なんだろうと思った。

ゆるめる ゆるめる ゆるめる ゆるめる
ゆるめる ゆるめる モーッ!
https://youtu.be/bPKCoBSwfbM

全然関係ないけど、ゆるめるモ!箱庭の室内楽の「虎よ」って良い曲。SF小説がタイトルの由来なのかな。

3/17
気を取り直して仕事へ。気を取り直すのに24時間かかった。

僕は体調不良で頭のねじがゆるゆるでぇす〜ほえ〜という設定で1日過ごしたら少しましにやれたので、一生このノリでいこうと思った。
一昨日苦しめられた仕事用の文具も、キャンドゥで発見して難なく購入。
酒を飲まずに寝たらよく眠れた。ベッドサイドに置いた「やさしい麦茶」が慈愛に満ちた眼差しで見守ってくれている…!

本当は、こんなに簡単なことばかりなんだよなあ。簡単なことなのに、それを選ぶまでの道程が妙に入り組んでしまうときが何度も何度もある。入り組んでしまうんじゃない、入り組ませているのは自分だ。だけど。けど。なぁ。わかるでしょ?わかんないかな。
そんな、

日々
https://youtu.be/yBRqRAh9vJM

広告を非表示にする