日記79

6/3
今日も心斎橋へ。
駅でICカードをチャージしようと券売機に入れたら、磁気定期券を入れるクチと間違えてしまったらしく、ペッ!と物凄い勢いで吐き出された。その吐き出しっぷりが、ピーマンを口に無理やり入れられた子供のように見事で、ひとりでテンションが上がってしまった。些細すぎて伝える相手がいないので書いた。

心斎橋に着いて、杖をつきながらヨッコラヨッコラと階段を上がっていると、高齢者体験をしている人たちが何人か、目隠しや足に重りをつけて降りてきた。
そんなことしなくたって元気なら元気に降りりゃあいいのに、と反射的に思ってしまったけれど、こういう人たちが乗り物の席をぼくに譲ってくれているんだろう。ありがてえ。そういえば大学の時にぼくも障害体験やってたわ。しかも合宿で。

やくしまるえつこの「RADIO ONSEN EUTOPIA」を聴きながら歩いた。このアルバムはめちゃくちゃ良い。こういう企画盤好き。やくしまるえつこが歌う「恋するニワトリ」がスゲー良い。収録曲もこの頃のベスト的な…もう…あの…いやなんでもないです…良いんだよとにかく…。

やくしまるえつこの貴重な歌唱映像
https://youtu.be/aIVMQvbNfbE

サイゼリヤで2時間くらい「kitixxxgaia」を聴きながら、だらしなくぼんやりしていた。そのあとさいあくななちゃんの個展に行った。アメリカ村のBIG STEPから徒歩1分くらいの好立地で個展は開かれている。所狭しと並べられている、ななちゃんが何年もかけて創った絵が壁という壁を埋め尽くしている。初期の絵から5年分くらいの作品が選出されているそうだ。少しずつ筆致が変化しているのが分かる。感覚的な言い方をするなら、その絵は少しずつ「開かれていっている」ような気がする。ななちゃんの心に包まれているような空間。激しい言葉や悲嘆が描かれている絵もあるのに、そこには、踏み込むものを拒絶する気配は無いように感じる。たとえば、怒りが表現されている絵でもそれはただ怒りがそこに表現されているだけであって、誰かへの攻撃ではない、だとか。そんな感じ。
今回はななちゃんが作った曲もCDになって、音源がリピートで会場に流されていた。シューゲイザーチックな浮遊感のある打ち込みの音像に、ふわふわしたななちゃんの歌が乗る。去年の個展で流れていた「私の絵がロックンロールになったら」の真っ直ぐなロックアレンジも良かったけど、今回のも素敵。編曲したkanoさんのCDを物販で買った。

らめちゃん
https://youtu.be/Pnf1SLOSygU

何を思って描いているのか、答は無いよと(あるいは見た通りだよと)、本人には言われそうだけど、それが知りたくてじっと絵の奥を読もうとした。

ななちゃんに「今後は概念と添い遂げます」みたいなことを話したら「しっかりしてくれ」と言われてしまった。それも分かるけどこっちも本気だ。可笑しいよね。

韓国料理を食べてから帰った。

6/4
わー自分がニンニクくさい!
朝から牛乳を飲みまくる。
今日も心斎橋へ。

「近くにカフェがあるけど行く?今度カジヒデキトークイベントやるようなアートカフェなんだけど」「無理かも…」という会話を経て、商店街の中の純喫茶「和蘭豆」に行った。らんず、と読む。アイスコーヒーのおいしい喫茶店だった。サンドイッチの中のスクランブルエッグがふんわりと優しい。

カジヒデキは一度ライブを見たことがある。当時40代後半だったにも関わらず半ズボンでスウェディッシュポップをぶちかましていたのが印象的だった。リハでThe Smiths弾いてたしきっと良い人なんだろう。
https://youtu.be/vAEXXESZ-BY

さいあくななちゃんの大阪個展の最終日が始まった。入り浸るわけにもいかないので、アメ村界隈をしばらくふらついてから、ビッグステップのベンチでぼんやりしていた。もはや店にすら入っていない。Wi-Fiが飛んでいるのでここから動きたくない。ジャルジャルかつみさゆりのさゆりちゃんがTVのロケをしていた。

スタジオでギターの個人練。2時間取ったのに30分経過時点でお腹が空いて困った。スタジオの自販機でドデカミンを買って凌いだ。練習後にコンビニに駆け込んで塩むすびを買った。

18時から、さいあくななちゃんの個展会場にて、ななちゃんが歌い、僕がギターを弾くかたちでミニライブをやった。人前でライブをするのは久しぶりだ。

今回CDで発売されているものも含め、ななちゃんの曲を3曲、僕が作った曲を1曲、大森さんの曲を1曲カバーした。歌詞を書き起こしたり演奏して分かったんだけど、さいあくななちゃんの曲はほんとに自分が思ったことしか書かれていないのが気持ちいい。ブルーハーツかよってくらいそのまま。晒け出されている。

ギターは全く上手ではないのだけれど、うまく何かが音に乗ってくれたような気がする。今朝、張り替えた弦がぎらぎらと気持よく鳴ってくれたのも良かった。
見に来てくれた方、ありがとう。

その後はクローズまで個展会場にいた。知り合いも何人か来てくれた。時間がきてお客さんが全員帰って、ななちゃんと一緒に会場の鍵を閉めて、ななちゃんは泊まっている場所へ帰り、僕は帰路に着いた。さいあくななちゃん個展大阪編が終わった。

広告を非表示にする