日記83

6/19
仕事。無鉄砲なイカレた休日のおかげか、なかなか調子が良い。

フロアに大きめの虫が出て、年配の女性社員が殺虫剤と新聞紙で退治した。「男なのに、こういうの苦手!?」と言われて「ぼくは動きが悪いので」と半笑いで応えてしまったのが悔しい。何が悔しいかって、実際、虫とか苦手なのに障害のせいにした自分の根性が。

6/20
仕事。

6/21
仕事。

6/22
仕事。

6/23
新幹線で博多へ。「稚加榮」で昼食。3回目だけど信じられないくらい美味い。いつか裕福になったら会席を食べに来たい。同行者と太宰府まで行き、九州国立博物館へ行った。こちらは僕は2回目だったし、足も疲れてきたので、ベンチに座りながらちらちらと展示物を見た。同行者はじっくり見て、結構面白がってくれた。その間、ベンチに置いてあった遣唐使についての絵本を読んだりしていた。シブい。
繁華街の方へ戻って、大森さんのライブを見に行った。とりあえず先行物販でグッズを全部買った。(今回のツアーからクレジットカード対応になっている…)今回のグッズはどれも良く思えた。大きなタオルの発色が良くて好き。

コンビニの前でやたらとビールを飲んだあとにライブを見に行った。ライブの内容について、ネタバレを控えて、受けた印象だけ書く。練り上げられたセットリスト。世界観の提示。意外な展開。全力を注ぎ込んだパフォーマンス。一塊になったその力に、今も言葉が見つからない。終わってすぐにもう一度見たいと思ってしまった。うまく説明できない「凄いものを見た」という気持ちと、終演後に大森さんと全然うまく話せなかったのが、初めて大森靖子を見たときみたいだ。今もずっとよく分からない、だけど凄く愛おしいものを反芻しているような気持ちだ。

九州の人と東京の人と一緒に飲みに行って午前1時過ぎに解散した。

6/24
むっちゃん万十のハムエッグ味を3個食べて、「ぎおん太鼓」を買って、家に帰った。

6/25
オフ。

広告を非表示にする