日記86

7/6
仕事。朝から急な依頼が来て、明日の休みは本当に取れなくなるんじゃないかと焦燥に駆られ、いやな汗が吹き出した。15時頃に、一応明日の休みは確保できそうな見込みになって、胸をなでおろした。幾ばくかの時間、残業をしてから退社した。

退社後に賃貸物件の内覧へ。不動産屋の営業の人が待ち合わせにずいぶん遅れたうえに、致命的なところでウェブに掲載されている情報との食い違いがあり、部屋に入って1秒で「ここはないな」となってしまった。しかし、営業の人が完全にイケメンだったので完全に許した。マンションの空き部屋で普通に談笑して解散した。あ、解散前に別の物件にも問い合わせをして貰ったけれど、そっちも空振りだった。収穫ゼロ。イケメンで目の保養しかしていない。もはや物件探しが独りよがりな趣味になっているみたいなところがある。情報集めが好きなのかもしれない。子供の頃にゲームを買い与えられず攻略本だけは許された所に原因がある気がする。やったことないゲームの攻略情報をいっぱい知っている。

ナポリタンと350mlの缶ビールを1本飲んで今日は終わり。暑いね。

7/7
大森靖子さんのライブを見に札幌へ行った。市バス、JR、高速バス、関空から飛行機、高速バスと乗り継いで、7時間かけて札幌へ到着。
現地でちょうど時間が空いていたオー氏と落ち合い、とりあえずサッポロビールファクトリーでビールを飲んだ。今日の札幌の気温32度。冷えたビールが身体に染みていく。
ジンギスカンザンギ」という、いいとこ取りなのか中途半端なのか分からないものもツマミに食べた。うまい。

その後、ホテルへのチェックインを済ませて、会場の札幌ペニーレーン24へ向かった。

NUMBER GIRL解散の地、ペニーレーンだ。ここで収録されたラストライブアルバム「サッポロ OMOIDE IN MY HEAD状態」は、鼓膜が擦り切れるかってくらい何度も聴いた。今日も飛行機に乗っている間、2枚組ディスクの1曲目から順に聴いてきた。1曲目の「I don't know」の鋭いギターリフでブチギレた焦燥感が極まり、向井秀徳の咆哮がそこへ覆い被さる瞬間と、飛行機が加速して離陸する瞬間が重なるように再生したので、飛行機が飛んでいる間中、テンションが上がりっ放しだった。そんなペニーレーン、生涯一度は訪れてみたかった場所に大森さんが連れてきてくれたみたいで感慨深かった。

きゃいきゃいと知り合いと話していたら定刻になったので入場。2階のとても見やすい椅子席に案内して貰えた。事前に連絡した時に「障害者席にご案内しますね」とすぐに言ってくれたので期待感はあった。嬉しい。
大森さんのライブ。2階席の鉄柵を握りしめてじっと耳を傾けて、目に焼き付けた。この日、ライブ初披露の曲があった。2階からだと客席の反応がよく見えた。波のように。海のように。

ファン同士の飲み会に参加させてもらって、すすきのの「大海物語」で驚愕の絶品海鮮舟盛りを食べたあと、「パフェテリア パル」でピスタチオパフェを食べた。最近、札幌では「シメパフェ」という文化を推進しているらしい。
ホテルに宿泊。

7/8
朝風呂してからチェックアウト。
テンションが上がってしまって札幌駅前で服を買い込んだ。旅先で荷物を増やす愚行である。

大通のソニーストアに行って、ピエール中野氏と松尾伴大氏のトークショーを見た。松尾さんはソニーの音響技術者なのだけど、「just ear」という、購入者の耳型を取り、さらにその人の音楽の好みに合ったチューニングを施したイヤホンを作るという「スーパーオーダーメイドイヤホン」の開発責任者をしているスゴイ人だ。
爽やかで物腰柔らかくて話が面白いのに仕事の領域ではマッドで気鋭の職人だぞこの人は、という感じがひしひしと伝わってきた。ピエール中野も仕事(ドラム)の領域で物凄い人だし、その2人が向かいのラーメン屋がどうだの話していたり、時折突っ込んだ音響トークになったりするのが、期待以上に面白く、良い時間を過ごした。

話題に出ていた向かいのラーメン屋「味の三平」で、みそラーメンを食べた。なぜか文房具屋の中で営業をしている。しかも美味い。

その後、知人の熱い勧めもあり、ディープスポット「レトロスペース・坂会館」へ行ってみた。
ビスケット工場の片隅に、二代目社長によって蒐集された物品の数々。はじめはナンジョコリャスゴイと笑いながら見ていたけれど、ひとりのひとの脳内、生き様を見せられているようで、だんだん深淵な気持ちになっていった。ボランティアスタッフのおじさんが、彼の学生運動時代の背景や、集められているものに込められた思いをいくつか教えてくれて、ますます深々とした気持ちになった。

これは見にこれてよかったなあとオー氏(結局今日も一緒にいた)と話しながら、セイコーマートの前でガラナサワーを飲んだ。

その後、ぼくは新千歳空港へ戻って、お土産を買い込んでから、また片道7時間かけて家まで帰った。
北海道いいなあ、雪さえ降らなければ移住したいなあ、と何度も言っていたような気がする。しかし、雪が降ると杖が滑って歩けない。ワハハ。

7/9
ゆっくり過ごしてから、大阪市公会堂でチャラン・ポ・ランタンのライブを見た。歌とアコーディオンの姉妹2人だけで魅せ続けるステージ。面白くて、悲しくて、少しこわくて、それらが全部「サーカスを初めて見たときのあの気持ち」というテーマで繋がっているのが凄い。すごい、すごいと思いながら見ていた。秋からはバンド編成のライブもあるらしい。機会が合えばまた見たい!

贅沢な3連休を過ごしたなー!

7/10
さて仕事。仕事の方は厳しい局面が続いている。今日は会議のため残業。
疲れを取ろうと思い、じっくり風呂に入って、今年初めてのクーラーをつけて寝たら、とてもよく眠れた。

7/11
とてもよく眠れた…けれど、一夜にして喉を傷めてしまった。
仕事中もどうも不調で、帰ったら高熱が出て、唾を飲み込むにも強い痛みが伴うようになってしまった。うめきながら薬を飲み、なんとか眠る。

7/12
熱が下がって、だましだまし一日仕事をした。しかしやはり不調。

7/13
まだ喉も痛いし熱っぽいしもうだめだー。体調不良で休み。
仕事忙しいのにどうすんのー!

広告を非表示にする