日記92

8/15
たこ焼きをして、ワンナイト人狼を何回もやった。

8/16
入眠時に毎日タッピング(歯ぎしりの一種で、無意識に歯をカチカチと鳴らしてしまう)してるよと指摘される。対処療法しかないらしく、今後も酷かったらマウスピースを作った方がいいかもしれない。
彼女が仕事に行っている間、特にすることも無かったので家事。掃除洗濯して、焼きそばと、適当に豚肉と卵を炒めたものをつくった。

8/17
西荻窪の「アテスウェイ」でケーキをひとつ食べてから、「米の子」で菜食ランチを摂った。肉不使用とは思えない餃子と唐揚げがすごい。食べ応えがある。
その後、北浦和へ移動して遠藤利克の展示を見た。焼き尽くされて炭になった巨大な木の柱や舟が、その形状や佇まいから「流れ」を想起させる作品群。「流れ」というのは単純に水のイメージであったり、「時間」や「聖なる高み」へ至るものであったり。目に見えるもので、目に見えないものを表現しようとする営みに惹きつけられて鑑賞した。
西荻窪北浦和のどちらにも彼女の出身学校があったので、両方ともいっしょに門前まで見に行った。ゆかりの地巡り。

ロフトプラスワンで「根本宗子の面談室」を見てから帰った。大森靖子の実験室にも行きたいぞと思いながら、大いに飲み食いした。

8/18
早めに目が覚めたので、仕度して、今日は一人で外出。多摩センターへ。
今日公開の「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の映画を見た。アニメだからこそというのもあるだろうけど、想定していたより感覚的でファンタジー寄りな作品だった。ぼくはこのノリも好きだけど。うーん。上映後も「良かった」と「よく分からなかった」の声が周りからちらほら聞こえてきた。広瀬すずの声は抜群に良い。サイコー。

モノレールで高幡不動に移動して、周辺を散策してから、駅ナカのパン屋で食事がてら休憩。ハムエッグ入りフレンチトーストは美味しくて、しらすパンは普通だった。その後は池袋へ移動して、COFFEE VALLEYでラテアートを傍らに置き、三好銀の漫画を読んだ。

夜に出張帰りのオー氏と突発で1時間ほど飲み、そのあと待ち合わせをしていた別の友人と食事。

8/19
立川へ。「レインボウスパイス」というお店に連れて行って貰った。カレー美味い!住んでたら絶対再訪するのに!その後、「一六珈琲」でお喋りしながらカフェオレを飲む。新宿へ移動して、駅ナカルノワールを挟んでから解散。
別の人と「ぱいかじ」で沖縄料理を食べた。二軒目に「スナックしろくま」に寄ってから終電ぎりぎりで帰宅。飲み食いしてばっかりで、おなかのはちきれそうな日だった。

根拠のない自信を持っていよう。根拠のない自信があれば挑戦できるから。お上手にやろうなんて思わずに、過去をぶっ壊していけるから。
そういう話をした。

8/20
ゆっくり過ごしてから、東京から地元へ帰った。

8/21
延々寝る。

「好きな人が好きなものを、自分も好きである必要はない」けど、「好きな人が好きなものを、自分は大嫌いだと、好きな人に伝える」はダメじゃね?などと思うような夜だった。

みんなそれぞれの価値観があって、それぞれ良い魂を絵の具みたいに持っているけれど、自分だけでカンバスに向かえばいいのに、他人のカンバスに筆を振って絵の具を飛ばすようなことをしている。ときがある。ような気がする。

ま、それも関係ないか。関係ないよね。
ぼくはぼくの部屋の絵を描き続ける。コンクリートの朽ちた部屋の絵を。

長い雨の続いた夏休みももうすぐ終わる。