日記101

10/17
仕事。会議。22時頃帰宅。
実家へ帰宅すると、大皿の料理が置いてあって、胃に入りきるまで過食してしまった。強くストレスがかかると過食してしまう。吐き気を催しながら寝た。夜中に目が覚める。前に朝までぐっすり眠れたのはいつだっけ?

10/18
今日も朝、目が覚めても体が動かない。会社に連絡して仕事を休んだ。昼食用の弁当と昨日の大皿料理の残りをまた身体に詰め込んだ。嘔吐した。

そんなこんなでなにもかも嫌になったので、高速バスに乗ってずっと遠くの方へ行った。高速バスは障害者手帳で半額で乗れるので、使う機会を伺ってはいたけれど、それが今日じゃなくてもいいんじゃないかという気はした。でも使った。もうずっとどこか遠くへ行きたかった。
自分が住んでいない街のカフェでコーヒーを飲んでケーキを食べた。午後いっぱい、そこで過ごした。時々豆を挽く音が響く、居心地のいい落ち着いた店だった。

色々なことを思い出す。「幸せになってね」という言葉が、いちばんお腹にずしんとくるなと思ったこととか、「オフの日くらい人間をやめたい」って言ったこととか。においとか、感触とか。

充たされたような、注がれたような思いで帰った。この体の中に入った新しい水みたいな気持ちも、どんどん濁っていくんだろうな。でもせめて、今だけは。
行く道では晴れていたけれど、帰り道では雨がバスのフロントガラスを強く打った。

とにかくいまは、働いている理由がほしい。インスタントでも冷凍でもいいから理由がほしい。でも適切な理由じゃないと、まずい給食みたいに口から吐き出してしまうと思う。

彼女と話し合いの電話。

10/19
彼女と話し合いの電話。
仕事を休んだ。

10/20
仕事を休んだ。
不調が続くので、上司と短く電話で話し合った。

10/21
引越しの荷物の受け取りと、インターネットの開通作業の立会い。少しだけ荷ほどきをして終わり。こんなこと、なんのためにやっているんだろうか。引越すためか。じやあなんで引越そうとしているんだ。

10/22
過食。
寝込んでいる。